Blog

Hectic days.

20
Mar
2017



今週は、色々なブランドのメーカーや合同展示会に行ったり、古着の買い付けなど外出することが多かった一週間でした。
CC SHOWは、今回はバイヤーとして行きました。いつものことですが国内外の魅力的なブランドが数多く出展していてとても刺激を受けました。


201703200001


そして、古着の買い付けでもまた、いつものように古着の山からお宝を掘り出す地道な作業に徹してきました。
今回は、80年代頃のGUNG HOのカモフラージュ6ポケットパンツのデッドストックを見つけ出しました。


201703200003201703200004


詳細等は、追ってご報告いたします。
バタバタとして、本当に時間が過ぎるのが早いと実感した一週間でした。

企画担当  島倉弘光


Long Beach Antique Market.

13
Mar
2017



アメリカ出張報告の続きです。
アメリカでは週末になると、どこかしらでフリーマーケットが開かれています。今回は第3週の日曜日でしたので、久しぶりにLONG BEACHのフリーマーケットに行ってきました。以前そこでは、VANSやCAHARTTのデッドストックがあったりした相性の良いフリーマーケットだったので、期待を胸に、まだ暗い早朝5時にホテルを出発し会場に向かいました。


201703130001


早朝は、まだ人がまばらなので、ゆっくりと丁寧に見て回ることができました。


201703130002


ビンテージウェアやアンティークの雑貨だけでなく、植物や古布などを取り扱うブースも沢山あり、ここでも多様化したニーズに対応するためにフリーマーケットも少しずつ変化しているように感じました。


201703130003
201703130004201703130007


個人的には、スポーツ関連のビンテージを多く集めていたブースが格好良くて、気に入りました。


201703130005
201703130006



このロングビーチのフリーマーケットは、ローズボールより規模が小さいですが、とても見やすくておススメなフリーマーケットです。

企画担当  島倉弘光


Who’s fault ?

06
Mar
2017



アメリカ出張報告です。今回の出張目的は、CAMCOのアウター生産工場での打ち合わせと、直営店MAINEの商品買い付けでしたが、そこであったちょっとしたアクシデントについての報告を致します。
今回は、誕生までに色々とあった、トランプさんが大統領に就任して以来初めての出張で、個人的には期待と不安が入り混ざった出張でした。
虫の知らせと言いますか、その不安が的中したのか、LA到着後すぐに雨風共に大変強いハリケーンが発生し直撃しました。


201703060001


地域によっては洪水で水没している車もあり、道も大渋滞していました。
LAは、雨季があるものの、大雨になることはまず無いことから、雨に対応した街づくりや家作りをしていません。日本では考えられないのですが、道はすぐ水たまりになったり、家は雨漏りがすることも少なくありません。


201703060002
201703060003


建物に水が浸入すると、電気の配線が濡れ、漏電による火災も考えられる為、街中で消防車を多く見かけるようになり、町の機能が低下していきます。


201703060004


世界でもトップクラスの先進国であるアメリカですが、この様な脆さもあるんですね。
日本でも感じていたことですが、気候が変化してきていると、アメリカでもすごく感じました。
結局、アポイントのあったディーラーにも会えず、初日の仕事は思うようにはかどりませんでしたが、それでもマーベリックのGジャン等、何とか買い付けは、少し出来ました。
天候が相手ではどうにもなりませんが、焦らず仕事をする大事さなど、良い経験になりました。

企画担当  島倉弘光


アメリカ出張を控え。

06
Feb
2017



201702060002201702060003201702060001
2月最初のブログです。
今月はアメリカ出張を控え、色々と予定を立てています。その中で、前回と同様にフリーマーケットや古着のディーラーなどを回ってデッドストックやビンテージワッペンなどの小物も探したいと思っています。
また、CAMCOのネルシャツなどの参考になるサンプルの調達はもちろん、新しい試みとしてコンディションの良い古着や珍しい古着など、お客様に喜んでいただけそうな物も買い付けたいと考えています。前回の買い付けで熟考しすぎて買い逃してしまった経験を活かして、良いものは「即決」をモットーに頑張りたいと思います。現地からインスタグラムで情報を発信したいと思っていますので、ご期待ください。

企画担当  島倉弘光


第3回 AGING REPORT。

30
Jan
2017



今回のブログでは、CAMCO 5ポケットデニムジーンズのその後の経年変化をご報告いたします。
着用開始から1年10か月になりました。
着用頻度は前回と変わらず真夏以外に週に2~3回着用し、4~5穿いたら少量の洗剤のみを使用して洗濯していました。


201701300001


画像の様に、前回よりも少し色落ちが進みました。モモの部分と後ろのヒップの部分の色落ちが目立ち、全体的にタテ落ちも綺麗に出ています。


201701300002
前身頃から細部を見てみると股関節からモモにかけて横ジワのヒゲと呼ばれる色落ちも目立ってきました。左右のポケットは、良く使うのでとても色落ちしています。


201701300003


コインポケットまわりも色落ちのポイントです。


201701300004


サイドシーム辺りの色の濃淡は、前回と同じくらいです。


201701300005


裾のステッチ下のシワも色落ちしています。ここは、個人的にグッとくる好きなポイントです。


201701300006


バックポケット付近もバンダナ等の出し入れの為、良く色落ちしています。また、ヨーク部分のダブルステッチのアタリも好みです。
ひざ裏の蜂の巣に似たシワの色落ちも出始めています。
全体的に綺麗なタテ落ちになり、色の濃淡も出始めている状態で、個人的にも満足しています。
引き続き経年変化をご報告していきますので、お楽しみに。

企画担当  島倉弘光


2017F/W CAMCO #FLANNEL SHIRTS

23
Jan
2017



今回のブログは、CAMCOの定番で代表的なアイテムのネルシャツの、2017F/Wの企画についてお伝えいたします。
今までの傾向を把握しながら、次シーズンの展開柄を検討します。
先週のブログのカットソーの色決め同様、大変大事でとてもやりがいのある仕事です。


201701230003


前シーズンのネルシャツは、新しい試みとして、英国のタータンチェックを意識したシリーズを展開しました。このシリーズは、CAMCOのネルの特徴であるアメリカらしいヘビーフランネルの生地感と、イギリスらしいタータンチェックが上手く融合し、大変ご好評を頂きました。


201701230002


次期は、このタータンシリーズの新柄とビンテージネルシャツのアメリカらしいクラシックな柄の2シリーズで展開予定で、現在、実際に展開する柄や配色など、柄の構成を考えています。そして柄が決まったら、工場で糸を染めてもらいハンドビットと呼ばれる手織りの生地見本を織ってもらい修正していきます。とても手間と時間が掛かる作業ですが、その分最高の柄のネルシャツに仕上がると思っています。
2017年のネルシャツもご期待ください。

企画担当  島倉弘光


ご利用条件|免責/個人情報保護方針|会社概要|サイトマップ|お問合せ
  Copyright © 2020 camco-mfg.com. All Rights Reserved.    Top