KINGS WOOD-BEACON JACKET。



弊社では、CAMCO以外にもいくつかのブランドを取り扱っていますが、今回のブログは、NEW YORKの「KINGS WOOD」ブランドについてお伝え致します。

1961年創業のKINGS WOODブランドは、かつてアメリカのブルックスブラーザーズやJプレス、ポールスチュアート等のカジュアルラインのアイテムを中心に手掛けていたファクトリーブランドでした。そして現在、このブランドを継承しつつ、アイビーやプレッピーなどを代表するアイテムや、これらの基になったイギリステイストのアイテムなどの伝統的なウェアを中心に企画・生産し、展開しています。

そんな伝統的なブランドから、この秋冬に新しく展開する新アイテムをご紹介させて頂きたいと思います。


201607180003-1


雨や霧の多いイギリスでは、昔から防水や防風を考え、より快適に過ごす為のコンフォートウェアとして、オイルドジャケットやコートという物が生まれ、数多くのブランドからリリースされてきました。この伝統的なオイルジャケットを参考に、KINGS WOODらしいアレンジを取り入れたジャケットが、今ここに誕生致しました。
オイルドジャケットは、その名の通りオイルを塗り込み、表面に層を作ることで防水性や防風性を得ています。しかし、定期的にオイルを塗り足していくメンテナンスが必要であると同時に、現代の街着としては、周りの人や物にオイルが付着することがある為、注意しなければなりません。
今回このデメリットを改善する為、ジャケットの素材にブリティッシュミラレイン社のSTAYWAXクロスを使用しました。


201607180002
201607180001


201607180004-1
この素材は、糸の状態でワックスを染み込ませているのでべたつかず、臭いも気になりません。また、過度なメンテナンスも不要でかつ、オイルクロス同様の、防水性や防風性のあるとても機能的な素材です。その他ディテールでは、街着を意識して袖口の内側にある防風の為のリブは、あえて付けていません。このリブが無いことでジャケットの上から着用しても、邪魔にならずに着易くなっています。また、裏地にはイギリスの伝統的なタータン柄を選び、真鍮製のジッパーなどのパーツもかなり厳選しました。見た目トラディショナルなスタイルで、機能的な素材を取り入れた、とても着やすい、こだわりのジャケットとなり、
名前を「BEACON JACKET(ビーコンジャケット)」と名付けました。
縫製は、BARBOUR社の製品を手掛けていたイギリスの名門工場で生産しています。

この秋、新登場です。どうぞご期待ください。

企画担当  島倉弘光

201506220001
色合い。
201406160002
海へ、山へ、街へ。
201606200001
お米やみそ汁の様な。
201409080001
レザーアクセサリー。
201603280001
物価高。
201408250001
行ってきます。
201407140004
続 FALL/WINTER CAMCO新作NEWS。
201610240004
STENCIL WORK.
ご利用条件|免責/個人情報保護方針|会社概要|サイトマップ|お問合せ
  Copyright © 2017 camco-mfg.com. All Rights Reserved.    Top