歴史を語る冊子。



海外出張では、展示会や製品工場、生地メーカーなど様々なところに行く機会があり、中でもブランドメーカーには数多く回ります。
当然ながらどのブランドも売り込みに必死なのですが、そんな中老舗ブランドは、その歴史を各バイヤーに伝えようとして、ブランドヒストリーをまとめた本や冊子を良く利用します。
今週はその中から、個人的に勉強になったり、好きな冊子をご紹介したいと思います。


201606130008


写真は、イギリスのBARBOUR、アメリカのLEVI’S、CONE MILLSの3社の冊子です。
僕は、洋服の歴史やディテールを古着から学ぶことが多いのですが、日本では、アメリカ古着に比べるとイギリス古着は物量が少ないと思います。ですので、BARBOURの冊子は時代背景や歴史を知るのに大変勉強になりました。


201606130002
この写真は、その中身で1911年から1959年までのカタログの表紙が掲載されています。当時のスタイルが良く分かりますし、味のあるイラストも気に入っています。このWEATHER COMFORTから、風雨に対する機能的なウェアだった事も理解できました。


201606130003


このような1910年から現在までのラベルの変化も、どの年代のラベルかを知ることで、各年代の洋服のディテールや作りを良く学べます。


201606130004201606130005
次はLEVI’Sです。この冊子は、1890年から2008年までの501が掲載されています。個人的にジーンズは好きなので、とても参考になります。ディテールやシルエットの変化を研究し、CAMCOとして5ポケットジーンズをリリースする時にも大変役立ちました。本家のLEVI’Sが出す冊子ですから説得力も一層増しますね。


201606130007201606130006


最後にCONE MILLSの冊子です。こちらは紡績工場の冊子で、LEVI’Sが長年使用していたデニムとして有名です。中に掲載されているのは、ワークウェアが中心で、見たことの無いブランドやウェアが多く、とても興味深く参考になりました。

どれもこれからのCAMCO製品の企画に役立てたいと思っています。
また、いつの日かCAMCOの冊子が作れるようになるまで、今後も頑張りたいと思います。

企画担当  島倉弘光

201508310006
進行報告。
201703060001
Who’s fault ?
201707240002
細いのと太いの。
201612260001
Leather Jacket.
201511090001
これからも挑戦。
201409010008
出張報告。
201502090001
サンプル作成進行中。
201506010001
CLUTCH COLLECTION SHOW。
ご利用条件|免責/個人情報保護方針|会社概要|サイトマップ|お問合せ
  Copyright © 2017 camco-mfg.com. All Rights Reserved.    Top