CAMCO PRINT SHIRTS

 

201404100018

 

201404100019

 

201404100020



アメリカ西海岸で開催されるフリーマーケットやいくつかのショーなどで、ワークやミリタリーウェアのヴィンテージ古着や 新品の商品をマニアックな視点から見る機会があり、いつもそこで商材探しはもちろんのこと 企画のアイデア集めも含めて色々と参考にしています。

 

201404100010

きっかけの1枚

だいぶ前になりますが、そこで偶然見つけて購入した 1枚の古いアロハシャツ。いま考えると、コレがプリントシャツの企画の始まりでした。
当時は、アロハシャツはもちろん プリント柄のシャツ自体に誰も注目していない時でしたが、日本でアロハシャツのイベントなどがあると良く見に行ったり、写真集を見たりして楽しむぐらい個人的には大好きなアイテムでしたから 迷わず購入。手の込んだプリント技法やレーヨン生地の質感が いかにもアロハシャツらしくて好きで、 他にもいくつか古いアロハシャツを所有しています。

 

201404100009

 

201404100011

お気に入りのKAHANAMOKKU

201404100013

集めた生地の山

 

 

 

しかし、よく考えてみると それを実際に着るのは年に数回。多くの方がそうであるように、アロハシャツ特有の派手な柄やレーヨン、シルクなどの素材が着るシーンを選び、気軽なケアをも困難にしてしまうからです。 結局、自分でも 高い頻度で着るのはクラシックなプリント柄のコットンシャツになっていたりしました。柄や素材が「いかにも ア・ロ・ハ」というのではなく、多くの方が毎日着ることができるようなプリントシャツがあったらいいなと その時に改めて思いました。

往年の 数ある先行ブランドのデイリー性は見習いつつ、CAMCO社らしい地味すぎず派手すぎずの良柄を探し求めて 生地屋めぐりをしてはみたものの、なかなか良いものはありませんでした。

 

そこで プリント生地から作ろうということになったわけですが、柄を創ることは非常に難しいことです。ひとえに柄と言っても、モチーフの対象、その大きさ、配置、配色など そこには考えなければいけないことがたくさんあり、しかもそれが1つ違うだけで、まったく違うイメージになってしまう。

 

201404100017

柄の構成、レイアウトをどうするか・・・

201404100014

モチーフも様々

201404100021

配色をどうするか・・・

201404100012

部材をどうするか・・・

 

“赤いハイビスカス”なのか、“青いハイビスカス”なのか。

“5センチ四方の大きさ”なのか、“1センチ四方の大きさ”なのか。

試行錯誤を重ねてデザインしていくと、1つ1つのプリント柄に意味や思いが込もっていく。

こうして出来上がっていく「CAMCO #PRINT SHIRTS」 が、これからみなさんのデイリーユースとなり、他とは違う何かを少しでも感じていただけたらうれしいです。

 

201407070001
CAMCO TRUCKER JACKET
20130922000235
CAMCO 5 POCKET JEANS
201306124708
CAMCO PRINT SHIRTS
201408040011
CAMCO BOARD SHORTS & WALK SHORTS
201404100010
CAMCO DOWN CRUISER
201406180007
CAMCO P×J STRIPE TEE
ご利用条件|免責/個人情報保護方針|会社概要|サイトマップ|お問合せ
  Copyright © 2017 camco-mfg.com. All Rights Reserved.    Top